2014/06/30 10:21 KST
Article View Option

W杯敗退の韓国代表が帰国 洪監督「国民に申し訳ない」

【仁川聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1勝もできずグループリーグ敗退となった韓国代表が30日、仁川国際空港に帰国した。

国民に謝罪する洪監督=30日、ソウル(聯合ニュース)国民に謝罪する洪監督=30日、ソウル(聯合ニュース)

 洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は記者会見で「国民の皆さんの声援に応えることができず残念に思う」と話した。

 今大会でH組だった韓国代表は、1分け2敗と同組最下位で敗退した。

 空港では取材陣やサッカー関係者、ファンら約200人が韓国代表を出迎えた。

 去就を問われた洪監督は、明確な回答を避けた。

 以下は一問一答。

――大会を終えた感想は。

「W杯期間に国民の皆さんから多くの声援をいただいたが、応えることができず申し訳ない。私の力不足で良い成績を挙げることができなかったが、選手たちにとっては得るものがある大会だったはずだ。将来がある選手たちには所属チームに戻ってさらに努力する姿を見せてほしい」

――補強が必要な点など残念な部分があるとすればどこか。

「W杯期間に何かを補強するのは事実上難しいことだ。ただ、アルジェリアとの第2戦は私たちにとって大きな意味がある試合だったが、結果として私たちに大きな影響を及ぼす試合になった」

――自身の去就問題についてどう考えているか。

「今は何とも言えない。飛行機での移動が長かったからか疲れているし、考える余裕がない。ある程度考えてはいるが、難しい決断を下すのは容易ではない」

――2015年1月のアジア・カップについての構想は。

「そこまでは考えていない。今W杯の結果を基に駄目な点があれば反省し、良かった点は生かしていくことが必要だ」 

sjp@yna.co.kr

関連写真