2014/06/27 06:58 KST
Article View Option

韓国 1次リーグ敗退=ベルギーに敗れる

【サンパウロ聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、H組の韓国代表は26日(日本時間27日)、サンパウロで行われたベルギーとの1次リーグ最終戦で、0−1で敗れた。今大会1分け2敗の勝ち点1となり、グループリーグ敗退が決まった。

ベルギーに0−1で敗れた韓国=(聯合ニュース)ベルギーに0−1で敗れた韓国=(聯合ニュース)

 決勝トーナメント進出には勝利が必要だった韓国は朴主永(パク・ジュヨン)の代わりに、金信旭(キム・シンウク)をFWに起用するなど先発メンバーに変化を加え、最終戦に臨んだ。前半終了間際にはベルギー選手が1人退場となり、数的優位に立った韓国は積極的に攻め続けたものの、逆に後半32分にDFのヤン・ベルトンゲンに先制ゴールを許した。これが決勝点となった。

 韓国のW杯本選出場は8大会連続9回目だった。2002年韓日大会で4強入りを果たしたが、2006年のドイツ大会はグループリーグを突破できなかった。2010年南アフリカ大会では海外開催大会で初めて決勝トーナメントに進出。今大会では海外開催で過去最高となるベスト8進出を目指していたが、勝ち点1で最下位に終わった。

 H組はベルギーが1位、アルジェリアが2位で決勝トーナメントに進出する。

csi@yna.co.kr