• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 きょうのニュース(9月12日)

      2018/09/12 18:00

      Article View Option

      ◇南北共同連絡事務所14日に開所 韓国は統一部次官が所長兼任

       統一部は12日、北朝鮮南西部の開城工業団地内に置く南北共同連絡事務所について、開所式を14日午前10時半から連絡事務所の庁舎前で開催すると発表した。韓国側の所長は千海成(チョン・ヘソン)統一部次官が兼任する。共同連絡事務所は開所式の後、すぐに業務を開始する。統一部は▼交渉・連絡▼当局間の会談・協議▼民間交流支援▼往来者への便宜提供――などの機能を果たすとした上で「連絡事務所は南北関係の発展、朝鮮半島における軍事的緊張緩和および平和定着に向けた常時の協議・意思疎通チャンネルとして定着するだろう」と説明した。

      連絡事務所の所長を兼任する千海成次官=(聯合ニュース)
      連絡事務所の所長を兼任する千海成次官=(聯合ニュース)

      ◇MERS沈静化? 平均潜伏期間に患者発生せず

       韓国で3年ぶりに中東呼吸器症候群(MERS)感染が確認された問題で、平均潜伏期間とされる5日が過ぎたが、感染が疑われる患者は検査で全員陰性と判明し、感染した60代の男性の容体も安定しているという。ただMERSの最大潜伏期は14日とされることから、保健当局は男性の近くにいた接触者のうち連絡の取れていない外国人などの所在把握に注力している。

      ◇首相 南北会談同行拒否の野党代表に「残念」 

       最大野党「自由韓国党」と野党第2党「正しい未来党」の代表が、青瓦台(大統領府)が要請した南北首脳会談(18〜20日、北朝鮮・平壌)への同行を拒否したことについて、李洛淵(イ・ナクヨン)首相は「拒否することもできるが、それなりの理由をつけてほしかった。引き立て役だから行かないなどという表現を代表が使うのは非常に残念だ」と述べた。これに先立ち、「正しい未来党」の孫鶴圭(ソン・ハクギュ)代表は「(同行を求める)意図は理解するが、われわれの体裁を守らなければならない。党代表が今出て行っても引き立て役にしかならない」との考えを示していた。