• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      1〜6月のコンテンツ収支の黒字幅が減少 中国の規制など影響=韓国

      2018/08/11 09:00

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が11日までに日発表した今年1〜6月の「音響・映像および関連サービス」の収支は1億5680万ドル(約174億円)の黒字で前年同期比12.8%減少した。1〜6月では2015年に記録した1億1170万ドルに次ぐ低水準となった。

      観客動員数1000万人を突破した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」=(聯合ニュース)
      観客動員数1000万人を突破した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」=(聯合ニュース)

       収入は3億7470万ドルで14.6%増えたものの、支出が2億1790万ドルで48.2%増加した。48.2%増は韓銀が統計を開始した2006年以降、1〜6月の数値としては最大。

       「音響・映像および関連サービス」の収支は音楽や映画、テレビ番組などに関連するコンテンツの海外への販売額から購入額を差し引いたもの。2010年までは赤字か、小規模な黒字だったが、中国や東南アジアで韓流の人気が高まったことで黒字が拡大した。15年は前年比で約3倍増の2億4490万ドルの黒字で、16年には5億1980万ドルの黒字を記録した。

       だが韓国政府が16年7月に米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を決定したことを受け、それに反発した中国が韓流に対する規制を強化したことから、黒字拡大にブレーキがかかった。

       そのため昨年の「音響・映像および関連サービス」の収支は2億7400万ドルの黒字に終わった。7月以降も改善されなければ、今年の年間の黒字幅も前年に続き減少する可能性もある。

       一方、「音響・映像および関連サービス」の支出は高額で購入したハリウッド映画の公開が増えたことが影響し、大きく増加した。

      yugiri@yna.co.kr