• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 きょうのニュース(8月10日)

      2018/08/10 18:00

      Article View Option

      ◇北朝鮮代表団64人が訪韓 あす南北労働者サッカー大会 

       韓国と北朝鮮の民間団体が主導する交流行事「南北労働者統一サッカー大会」に参加するため、北朝鮮労働団体、朝鮮職業総同盟(職総)の朱英吉(チュ・ヨンギル)中央委員会委員長をはじめとする代表団64人が10日午前、ソウル北方の都羅山南北出入事務所を通り韓国入りした。12日まで滞在し、11日のサッカー試合などに参加する。同大会は「板門店宣言」が発表された4月の南北首脳会談以降、初めて開かれる南北民間団体によるイベント。

      南北出入事務所に到着した北朝鮮代表団=10日、坡州(聯合ニュース)
      南北出入事務所に到着した北朝鮮代表団=10日、坡州(聯合ニュース)

      ◇文大統領の支持率が就任後最低を更新 2P下落の58%

       調査会社の韓国ギャラップが発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ2ポイント下落した58%となった。同社の調査で3週連続して就任後最低を記録し、初めて50%台に落ち込んだ。文大統領を支持しない理由としては、「経済・民生問題が十分解決されていない」(40%)、「最低賃金の引き上げ」(10%)、「対北関係・親北傾向」(8%)などが挙がった。

      ◇労働時間に有給休暇含めて最低賃金算定 法令改正へ

       雇用労働部は、最低賃金の算定基準となる労働時間数に有給休暇分を合算する内容の最低賃金法施行令一部改正令案を公布したと発表した。これにより、各事業所で最低時給を算定する際の基準となる労働時間に週休手当支給分に当たる有給休暇の時間を含むべきだとする雇用労働部のこれまでの方針が、法令に明記されることになった。

      ◇与党代表選候補 李海チャン元首相が支持率トップに

       調査会社のリアルメーターが発表した調査結果によると、2週間後に行われる与党「共に民主党」の次期党代表選候補のうち、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が31.8%で最も高い支持率を記録した。2位は金振杓(キム・ジンピョ)国会議員(22.4%)、3位は宋永吉(ソン・ヨンギル)国会議員だった。調査は9日、全国の成人男女2012人を対象に行われた。

      ◇サムスン電子 スマホ発表会でAIスピーカーをサプライズ披露

       韓国のサムスン電子が米ニューヨークで9日(現地時間)に開いた新型フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート9」の発表会で、音声を使った人工知能(AI)アシスタント「ビックスビー」を搭載したスピーカー「ギャラクシーホーム」をサプライズで披露した。同社が新AIスピーカーの名前と実物を公開したのは初めて。

      新製品発表会で紹介されたギャラクシーホーム=9日、ニューヨーク(聯合ニュース)
      新製品発表会で紹介されたギャラクシーホーム=9日、ニューヨーク(聯合ニュース)