• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      「情が韓国の魅力」 外国人による韓国語スピーチ大会開催

      2018/05/15 19:02

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】外国人が韓国語能力を競う「第21回世界外国人韓国語スピーチ大会」が15日午後、韓国・慶熙大ソウルキャンパスで開催された。

      世界外国人韓国語スピーチ大会に出場したフランス人学生=15日、ソウル(聯合ニュース)
      世界外国人韓国語スピーチ大会に出場したフランス人学生=15日、ソウル(聯合ニュース)

       聯合ニュースと慶熙大国際教育院が共催した同大会には、55カ国・地域の1195人による予選を通過した12カ国・地域の16人が出場し、それぞれのスピーチを披露した。

       今大会のテーマは「世界の中の韓国の立ち位置」と「韓国の隠れた魅力」だ。舞台に立った参加者は、それぞれ異なる視点で韓国の魅力や、韓国に対する率直なアドバイスを語り、言語によるコミュニケーションの喜びを分かち合った。

       多くの参加者は韓国の最大の魅力として、同質感と所属感を与えてくれる「情」を選び、韓国には「私」よりも「私たち」を優先する温かい文化があると称賛した。

       大賞の文化体育観光部長官賞には「私に情緒的な安定感を与える位階秩序」というテーマで発表したフランス人女性が選ばれた。

       審査委員長を務めた慶煕韓国語文化研究センターの金重燮(キム・チュンソプ)センター長は「韓国人と錯覚するほど表現力が優れ、自然に発表したため優劣をつけるのが難しかった。忘れていた私たちの姿を気づかせてくれて審査委員も感動した」とコメントした。

       慶熙大国際教育院のホン・ユンギ院長は開会のあいさつで、「外国人が韓国をどのように考え、どんなところを魅力に思うのか、考えや価値が自分たちとどのように違うのか、聞いて共有する場として大会を用意した」と紹介した。 

       聯合ニュースの趙成富(チョ・ソンブ)社長は大会に寄せたメッセージで「最近韓国は、南北の和解の雰囲気の中で北東アジア、さらに世界の平和のための変化の波をリードしている」とし、「参加者も朝鮮半島の平和を作る歴史の波に力を加え、韓国をさらに情熱的に愛してほしい」と伝えた。

       同大会は、ハングルを制定した朝鮮王朝第4代王、世宗大王の生誕600周年(1997年)を記念して98年に始まった。11カ国・地域の56人が参加した第1回大会から年々規模が大きくなり、2009年には参加者が1000人を突破。これまでの累計参加者数は1万5000人に上る。

      yugiri@yna.co.kr