• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      慰安婦被害者がパリ訪問 ユネスコ前で1人デモ実施へ

      2018/03/08 20:25

      Article View Option

      【パリ聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さん(89)が8日(現地時間)、フランスの下院を訪問し、韓国系議員らの上院・下院議員と面会した。

      昨年12月に大邱市で行われた「平和の少女像」除幕式に出席した李さん(資料写真)=(聯合ニュース)
      昨年12月に大邱市で行われた「平和の少女像」除幕式に出席した李さん(資料写真)=(聯合ニュース)

       今回の訪仏は国際女性デーに合わせたもので、同国の元国家改革・簡素化担当相のジャン・ヴァンサン・プラセ氏の要請により実現した。

       プラセ氏は1975年、7歳のときに韓国からフランスに養子に出された。フランス政界から退いた後、韓国とフランスの親善を目指す財団、「タリ(橋)」を設立。最近、慰安婦被害者を支援する韓国の福祉施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪問し、李さんの訪仏を要請した。

       李さんはこの日、仏議員らと面会した後、パリ市内の国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部前で1人デモを行う。 

       韓国や日本など9カ国・地域の団体が推進した旧日本軍の慰安婦関連資料のユネスコ「世界の記憶(世界記憶遺産)」登録が見送られたことについて、韓国政府や被害者、関連団体などは遺憾の意を示していた。

      yugiri@yna.co.kr