• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 けさのニュース(12月22日)

      2017/12/22 10:29

      Article View Option

      ◇29人死亡のビル火災 合同鑑識実施

       中部・忠清北道堤川市の8階建てスポーツセンターのビルで21日午後に発生した火災で、消防当局は出火原因を特定するため22日午前から警察や国立科学捜査研究院と合同鑑識を行う。火災では22日朝までに29人の死亡が確認された。

      炎と煙が上がるビル=21日、堤川(聯合ニュース)
      炎と煙が上がるビル=21日、堤川(聯合ニュース)

      ◇新生児4人の死亡から1週間 死因は依然判明せず 

       ソウルの梨花女子大付属木洞病院で16日夜、集中治療室にいた新生児4人が約1時間半の間に相次いで死亡してから1週間たつが、死因は依然判明していない。4人が同じ輸液と注射を受け、3人からは同じ菌が検出されたため、感染または医療ミスの可能性が高いとみられるが、断定するには至っていない。さまざまな推測が入り乱れる中、疫学調査や国立科学捜査研究院の検体分析、警察捜査などの最終結果が待たれている。

      ◇全国的に晴れ 最高気温は平年並み

       1年で最も昼が短い「冬至」の22日は全国的に晴れ、夜は京畿道や江原道の一部で雪になりそうだ。最高気温は4〜12度で前日より高く、平年並みになる見通し。

      ◇ロッテ「運命の日」 きょうグループ会長に判決

       ソウル中央地裁は22日午後2時から、背任や横領などの罪に問われている韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長をはじめとするグループ創業家一族や経営陣に対する判決公判を開く。検察は辛氏に懲役10年を求刑しており、実刑が出て身柄を拘束されれば同氏が意欲的に進めてきたロッテの経営革新が暗礁に乗り上げると財界は懸念している。

      辛東彬氏=(聯合ニュース)
      辛東彬氏=(聯合ニュース)

      ◇臨時国会最後の本会議開催 監査院長らの任命案処理

       国会は22日に12月臨時国会の最後の本会議を開き、監査院長候補の崔在亨(チェ・ジェヒョン)氏、大法院(最高裁)裁判官候補の安哲相(アン・チョルサン)、閔裕淑(ミン・ユスク)両氏の任命同意案を処理する。また、丁世均(チョン・セギュン)国会議長は、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に情報機関・国家情報院から金銭を受け取ったとして逮捕状が請求された元経済副首相兼企画財政部長官の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)議員(最大野党・自由韓国党)の逮捕同意案を報告する。与野党は23日に終了する臨時国会の会期内に本会議を追加で開かないことで合意しており、逮捕同意案はこの場では上程されない。