• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 きょうのニュース(12月11日)

      2017/12/11 18:00

      Article View Option

      ◇韓中が14日に首脳会談 共同声明は採択せず

       文在寅(ムン・ジェイン)大統領は中国を国賓として訪問し、14日に北京で習近平国家主席と首脳会談を行う予定だが、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡る双方の立場の違いを勘案し、合意事項を盛り込んだ共同声明は採択せず報道機関向けの共同発表文を出すことにした。青瓦台(大統領府)が11日明らかにした。THAADの韓国配備を巡って対立していた両国は、10月31日に関係正常化で合意したが、それ以降も中国側がTHAAD配備について問題提起を続けている。

      11月11日、ベトナム・ダナンで首脳会談を行った文大統領(左)と習主席=(聯合ニュース)
      11月11日、ベトナム・ダナンで首脳会談を行った文大統領(左)と習主席=(聯合ニュース)

      ◇元経済副首相の逮捕状請求 情報機関から収賄の容疑 

       ソウル中央地検は11日、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に情報機関・国家情報院(国情院)が朴氏側に裏金を上納していた事件に絡み、国情院から特殊活動費1億ウォン(約1040万円)を受け取ったとして、特定犯罪加重処罰法上の収賄容疑で元経済副首相兼企画財政部長官の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)国会議員(最大野党・自由韓国党)の逮捕状を請求した。

      ◇韓米日のイージス艦 きょうから北ミサイル探知・追跡訓練

       韓国軍合同参謀本部は11日、韓米日の3カ国が同日から12日にかけ、韓日の周辺海域で艦艇による弾道ミサイルの探知・追跡訓練を実施すると発表した。訓練は今年10月に続き通算6回目で、北朝鮮が11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」を発射して以降は初めて。増大する北朝鮮の核・ミサイル脅威に備える。合同参謀本部によると、訓練は実際の標的を発射して探知する方式ではなく、各国のイージス艦がコンピューターシミュレーションで北朝鮮の弾道ミサイルを想定した模擬標的を探知・追跡し、関連情報を共有する形で進められるという。

      ◇真冬の冷え込み続く ソウルも氷点下

       韓国では12月初めから真冬並みの厳しい寒さが続いている。韓国北部の上空にある低気圧が高気圧に遮られて停滞し、定期的に寒気を吹き込んでいるためだ。気象庁によると、11日朝のソウルの最低気温はマイナス6.1度で、平年(マイナス2.2度)より4度近く低かった。

      ◇文大統領の支持率70.8% 2週連続で小幅下落

       韓国世論調査会社のリアルメーターが4〜8日に実施した調査(2517人対象)によると、文大統領の支持率は前週から0.7ポイント下落した70.8%だった。支持率は2週連続で緩やかな下落傾向を見せたものの、70%台を維持した。政党支持率は与党「共に民主党」が小幅下落し、49.1%と50%を割り込んだ。保守系最大野党「自由韓国党」の支持率は0.2ポイント上昇の17.8%、中道系第2野党「国民の党」は支持率は6.0%となり5週ぶりに最下位を脱出した。