• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 きょうのニュース(11月13日)

      2017/11/13 18:00

      Article View Option

      ◇第3野党「正しい政党」 新代表に劉承ミン氏

       保守系の第3野党「正しい政党」が党新代表に劉承ミン(ユ・スンミン)国会議員を選出した。劉氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の側近だったが、与党・セヌリ党(現最大野党・自由韓国党)の院内代表を務めていた一昨年、朴氏や青瓦台(大統領府)などに対し相次いで批判的な声を上げて朴氏と対立。院内代表辞任に追い込まれた。昨年末、28人の国会議員と共にセヌリ党を離党し、今年初めに正しい政党を結成した。5月の大統領選では党公認候補として出馬。約220万票(得票率6.76%)を獲得し、4位につけた。

      党代表に選ばれた劉承ミン議員(右から2人目)=13日、ソウル(聯合ニュース)
      党代表に選ばれた劉承ミン議員(右から2人目)=13日、ソウル(聯合ニュース)

      ◇文大統領 韓国・ASEAN未来共同体構想を発表

       フィリピンのマニラを訪問している文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、この日から始まった東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席した。文大統領は、「人」を重視する未来共同体を作るという韓国とASEANの共同ビジョンを基に、2022年までの5年間に両者の関係を朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)との関係並みに引き上げることなどを含む「韓国・ASEAN未来共同体」構想を示した。

      ◇横領事件で青瓦台秘書官「検察の捜査は遺憾」

       青瓦台の田炳憲(チョン・ビョンホン)政務首席秘書官は、検察が田氏の国会議員時代の秘書官3人を逮捕したことに絡んで田氏への取り調べも検討しているとの報道について、過去に故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領夫妻が企業の会長から賄賂を受け取ったとして捜査された際と同じ状況が再現されていることを遺憾に思うと述べた。検察はテレビ通販大手ロッテホームショッピングが2015年に韓国eスポーツ協会への後援として拠出した3億ウォン(現在のレートで約3000万円)のうち一部を横領した疑いで、田氏の秘書官を務めた3人を逮捕した。

      ◇検察 情報機関の上納疑惑で元駐日大使を取り調べ 

       朴槿恵前政権時代に情報機関・国家情報院(国情院)が多額の資金を朴氏側に上納していた疑惑を巡り、ソウル中央地検は13日午前、国情院の院長を務めた李丙ギ(イ・ビョンギ)氏を容疑者として出頭させ、取り調べを始めた。駐日大使だった李氏は2014年7月から15年3月まで国情院長を務め、その後は大統領秘書室長に起用された。李氏は出頭前に記者団に対し、「国民の皆さんを失望させるとともに心配をかけ、申し訳ないと思う」と述べたが、誰に指示を受けたかなどについては答えなかった。

      ◇米空母が戦闘機離陸訓練 韓米合同演習で 

       米原子力空母「ロナルド・レーガン」「ニミッツ」「セオドア・ルーズベルト」の3隻が初めて同時に朝鮮半島東の海域の韓国作戦区域に入った11日、「ロナルド・レーガン」からは計26機の戦闘機が4台のカタパルト(射出装置)から休みなく離陸する訓練が行われた。1分に3機の戦闘機が離陸するほど間隔が短く、戦闘機の発進と帰還の訓練は波が荒い中、夜遅くまで行われた。

      ◇李元大統領 今後フェイスブックで政治的内容発信か

       李明博(イ・ミョンバク)元大統領は13日、自身のフェイスブックに投稿し、講演のために現在訪問しているバーレーンと自らの関わりを紹介したほか、講演では韓国の経済成長の秘訣(ひけつ)を教育と国民の団結の力だと強調する予定だと明らかにした。バーレーンへの出発前には李明博政権で起きた軍部隊による世論工作事件に関与したとして、当時の国防部長官の金寛鎮(キム・グァンジン)氏が軍刑法違反(政治への関与)などの疑いで逮捕されている。これに関連し、李氏は現政権が「積弊(積み重なった弊害)清算」として保守政権時代の不正追及を進めていることを批判する発言を行っており、今後フェイスブックを通じてさまざまな政治的懸案に対する立場を明らかにするのではないかとの観測が出ている。

      ◇朴正熙氏の銅像設置巡り賛成派と反対派が衝突   

       市民団体が推進している朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の銅像設置を巡って世論の賛否が分かれる中、13日にソウル市内の朴正熙大統領記念図書館で銅像の寄贈式が開かれ、銅像設置に賛成する団体と反対する団体の間で衝突が発生した。