• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      「少年が来る」の韓国人作家・韓江 イタリアの文学賞受賞

      2017/10/03 12:05

      Article View Option

      【ローマ聯合ニュース】韓国の女性作家、韓江(ハン・ガン)氏がイタリア南部のカプリ島で1日(現地時間)、イタリアの作家でジャーナリストのクルツィオ・マラパルテの名を冠した文学賞を受賞した。先月イタリア語訳が出版された長編小説「少年が来る」で受賞が決まった。1983年に創設された同賞は、イタリアの権威ある文学賞の一つとされる。

      授賞式に出席するためイタリアを訪れた韓江氏(右から2人目、ANSA通信のホームページから)=(聯合ニュース)
      授賞式に出席するためイタリアを訪れた韓江氏(右から2人目、ANSA通信のホームページから)=(聯合ニュース)

       「少年が来る」は1980年に韓国・光州で起きた民主化運動を背景に、戒厳軍の武力鎮圧で命を落とすことになった中学生と周りの人たちの残酷な運命を描いた。韓氏は光州出身。

       この日の授賞式はカプリ島の由緒ある修道院で開かれた。イタリアのANSA通信によると、韓氏は「尊厳と暴力が共存するすべての場所、すべての時代が光州になることもあり得る」としながら、「この本は自分のために書いたのではなく、ただ自分の感覚と存在、肉体を(光州民主化運動で)死を迎えた人、生き残った人、その家族に貸そうとしただけ」と語った。また「彼らが私を助けてくれたことを悟った」「私は何もしていない、ただ本を1冊書いただけ」と繰り返した。

       韓氏はイタリアに数日滞在し、ローマ市内の大型書店で読者と交流したり、現地メディアのインタビューを受けたりする予定だ。2016年に英文学賞のブッカー国際賞を受賞した長編小説「菜食主義者」も昨年イタリア語訳が出版されている。

      mgk1202@yna.co.kr