• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      世界の韓国系メディア関係者が一堂に 16日からソウルでシンポ

      2017/10/06 15:30

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】世界韓人言論人協会は6日、16日から20日までソウルと近郊の京畿道高陽市で「2017世界韓人言論人国際シンポジウム」を開催すると伝えた。

       韓国の国家基幹通信社、聯合ニュースと在外同胞財団、韓国言論振興財団などが後援するこの行事には、世界36都市からハングルで新聞を発行するメディア関係者約100人が参加する予定だ。

       参加者は16日午後にソウル市内のホテルで開かれる開幕式に出席し、17日と18日には「在外同胞メディアの力量強化」をテーマに行われる国際シンポジウムに参加して意見を交わす。

       シンポジウムでは与党「共に民主党」国際委員長の洪翼杓(ホン・イクピョ)国会議員、韓国言論学会の文哲秀(ムン・チョルス)会長が祝辞を述べ、呉俊(オ・ジュン)元国連大使、兪載雄(ユ・ジェウン)乙支大教授らの特別講義のほか、韓国の大学の新聞放送学科の学生を招待した海外進出セミナーなどが行われる。

       参加者は19、20日には高陽市を訪問し、現地取材と文化体験を行う。

      ynhrm@yna.co.kr