• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 けさのニュース(9月26日)

      2017/09/26 10:05

      Article View Option

      ◇米国「宣戦布告してない」 北声明に

       北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相が25日午前(日本時間25日夜)、「米国が宣戦布告をした以上、米戦略爆撃機がわが領空に入らなくても、撃ち落とせる権利を含め、全ての自衛的対応権利を保有する」と主張する声明を発表した。これに対し、米国は北朝鮮に対し宣戦布告はしていないと反論するとともに、米本土と同盟防衛のためのあらゆるオプションを行使すると明らかにするなど追加の武力示威の可能性を示唆し、米朝間の緊張がさらに高まっている。北朝鮮の6回目の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)級など相次ぐミサイルによる挑発により、北朝鮮を「完全破壊」するというトランプ米大統領と「過去最高の超強硬対応措置を検討する」という金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が威嚇の応酬を繰り返しており、両国が軍事衝突の可能性も念頭に置いた「大義名分づくり」に乗り出したとの観測も出ている。

      米朝間の緊張は日ごと高まっている(イメージ)=(聯合ニュース)
      米朝間の緊張は日ごと高まっている(イメージ)=(聯合ニュース)

      ◇盗撮被害防止の総合対策確定へ 文大統領の指示で

       韓国政府は26日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の主宰で閣議を開き、「デジタル性犯罪被害防止総合対策」を確定する。文大統領は先月8日の閣議で「隠しカメラなどによる盗撮に対する処罰強化と被害者保護のために特段の措置が必要だ」と述べ、関係官庁に対策を指示していた。

      ◇北朝鮮リスク・THAAD影響 消費者心理冷え込み 

       韓国銀行(中央銀行)が26日発表した9月の消費者動向調査結果によると、今月の消費者心理指数は107.7で前月から2.2ポイント下落した。北朝鮮リスクや米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題など、地政学的リスクが経済に影響を与えている状況だ。

      ◇現代自3車種のブランド価値急落 中国販売不振響く

       THAADの在韓米軍配備に反発する中国での販売不振にあえぐ韓国・現代自動車の3車種のブランド価値が、一斉に下落したことが分かった。ブランド価値の評価会社ブランドストックが26日に発表した韓国のブランドランキング(7〜9月期)によると、同社の高級車ブランド・ジェネシスは前期から5ランク下落し、29位。大型車の代表的ブランドのグレンジャーは48ランク落として97位となり、前期に94位だったソナタは100位圏外に転落した。

      ◇30日に「ソウル世界花火祭り」 汝矣島一帯で通行規制

      ソウル市は26日、汝矣島漢江公園で30日午後7時20分から8時40分まで行われる「ソウル世界花火祭り2017」の開催当日、麻浦大橋南端から63ビルディング間で車両の通行を制限すると発表した。汝矣東路は午後2時から午後9時半まで通行止めになり、この区間を通る20のバス路線は迂回(うかい)運転を行う。