• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      韓国 けさのニュース(9月22日)

      2017/09/22 10:30

      Article View Option

      ◇韓米日首脳 北朝鮮に最大限圧力「耐えられないよう」

       国連総会に出席するため米ニューヨークを訪問していた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日未明(日本時間)、昼食会を兼ねた韓米日3カ国首脳会談を行い、北朝鮮への圧力と制裁を最大限強化していくことを確認した。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官によると、3カ国首脳は北朝鮮の核・ミサイル挑発が北東アジアはもちろん、国際社会の平和と安全を脅かしており、決して容認できないとの認識で一致した。また、北朝鮮が耐えられず自ら対話のテーブルに出てくるよう、超強力な制裁と圧力を加えることにした。

      左から文大統領、トランプ大統領、安倍首相=(聯合ニュース)
      左から文大統領、トランプ大統領、安倍首相=(聯合ニュース)

      ◇正恩氏がトランプ氏国連演説に反発「超強硬対応を考慮」

       北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日、トランプ大統領の国連総会での一般討論演説に反発し、声明を発表した。朝鮮中央通信が22日、「金正恩同志が米大統領の国連総会演説と関連し、9月21日に党中央委員会の庁舎で声明を発表した」と伝えた。金委員長は声明で、「トランプが私と国の存在を否定、侮辱し、わが共和国を破壊すると宣戦布告してきた以上、われわれもそれに相応する過去最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に考慮する」と威嚇した。

      ◇韓米首脳会談「米、韓国の軍事資産開発を支援」

       文在寅大統領は22日未明(日本時間)、トランプ米大統領と首脳会談を行い、北朝鮮問題などを協議した。両首脳は韓国の最先端の軍事資産(兵器)獲得と開発などを通じ、強固な韓米連合防衛態勢を維持・強化することで合意した。韓国と周辺地域に米戦略兵器のローテーション配備を拡大する。韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官によると、文大統領は「北に対し圧倒的な軍事力の優位を維持することが必須」との認識を示した。

      ◇文大統領の国連デビュー その成果は?

       北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル挑発に最高水準の制裁と圧力をかける姿勢を打ち出すことで北朝鮮を対話のテーブルにつかせようとする文在寅大統領の構想が、今回の訪米で転機を迎えることになりそうだ。文大統領は国連総会に出席するため18日(米東部時間)から21日までニューヨークに滞在し、国連総会での一般討論演説、韓米首脳会談、韓米日首脳会談と次々に日程をこなした。多国間外交の最大の舞台である国連総会に初めて出席し、市民による昨年の「ろうそく集会」が韓国の政権交代につながったことを伝えた。また、朝鮮半島周辺4強(米国・中国・日本・ロシア)を中心とした外交の枠組みにとどまらず、各国首脳と会い、交流と協力の幅を広げた。

      ◇スマホ価格の上昇続く 購入補助金は減少

       2015年4月以降、韓国で発売された主力スマートフォン(スマホ)の出荷価格が約8%上昇した一方で、端末の購入補助金は10%以上減少したことが22日、分かった。聯合ニュースがサムスン電子とLG電子の主力スマホ12種を分析した。韓国では14年10月に携帯端末の補助金を規制する法が設けられている。

      ◇賃金未払い 22万近い労働者が被害

       労働者への未払い賃金が8月末時点で約8910億ウォン(約880億円)、賃金が未払いとなっている労働は約21万9000人に上ることが22日、雇用労働部の調べで分かった。1年前に比べると未払い賃金は5.9%減少したが、その被害を受けている労働者数は2.1%増加した。こうした賃金の未払いは、従業員30人未満の企業が全体の68.9%を占める。労働者の中には、下請け業者に賃金を持ち逃げされたり会社が倒産、廃業したりし、賃金を受け取れないまま次の職探しに追われる人もいる。

      ◇新政権高官の資産公開 情報機関企画調整室長が最多

       政府公職者倫理委員会が22日の官報に、資産公開の対象者114人の保有資産状況を掲載した。情報機関、国家情報院(国情院)の申R秀(シン・ヒョンス)企画調整室長の保有資産が本人と配偶者を合わせ約63億8000万ウォンと最も多い。次いで、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は本人と配偶者、母親、子供名義の資産合計が約35億4000万ウォン、金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長は本人と配偶者、子供の名義の資産が約21億6000万ウォンだった。文在寅大統領や青瓦台高官の資産は先月公開されている。