• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      社会文化

      中国で韓国人狙った犯罪が増加 THAAD配備問題で

      2017/09/11 15:38

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に強く反対する中国で反韓感情が高まり、現地で暮らす韓国人を狙った犯罪が急増していることが11日、分かった。

       国会外交統一委員会所属の朴炳錫(パク・ビョンソク)議員(与党・共に民主党)が外交部から提出を受けた「在外国民の事件・事故被害の現況」によると、中国で暮らす韓国人の犯罪被害は2015年の675件から昨年は1332件にほぼ倍増した。13年598件、14年574件と、毎年500件程度だった犯罪被害が急増していることが分かる。今年も6月末の時点で既に509件を記録した。

       犯罪被害を類型別にみると、強盗1件、窃盗206件、性暴行9件、拉致・監禁9件、暴行・傷害53件、詐欺80件などだった。 

       在中国韓国大使館はTHAADの発射台4基の追加配備が完了したことを受け、さらに状況が悪化する懸念があると判断し、7日に中国内の韓国人に身の安全に注意するよう呼びかけた。

       朴議員は「中国内の反韓感情が高まっているため、在中国大使館は現地の韓国人の安全にさらに細心の注意を傾けなければならない」とし、中国政府にも国民世論を導く義務と責任があると指摘した。

      yugiri@yna.co.kr