他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

社会文化

韓国人のソウルフードは「フライドチキン」 AIが分析

【ソウル聯合ニュース】人工知能(AI)を活用したビッグデータ分析を手掛ける韓国のダウムソフトが、2011年から今月6日までにブログ(8億4619万件)、ツイッター(125億1582件)を分析した結果、出前・外食メニューとして人気の高い「チキン(フライドチキン)」の交流サイト(SNS)への投稿??件数が毎年平均33%ずつ増加したことが10日、分かった。

フライドチキン=(聯合ニュース)
フライドチキン=(聯合ニュース)

 昨年1年間にSNSでチキンについて投稿された数は323万3025件に達した。

 先月の1カ月間にチキンについての投稿が最も多かった日は、前大統領選の朴槿恵(パク・クネ)容疑者の大統領罷免が決定した3月10日(3万4828件)だった。

 これは朴容疑者の弾劾を望んでいた人が罷免決定を祝ってチキンの出前を取り、SNSに写真をアップしたためと分析される。

ジャージャー麺=(聯合ニュースTV)
ジャージャー麺=(聯合ニュースTV)

 その反面、喜ばしいことがあると家族と共に食べる代表的な出前・外食メニューであるジャージャー麺の人気は低下している。

 昨年のジャージャー麺に関するSNSでの投稿数は27万4662件で、チキンの投稿数と比較すると10分の1程度にとどまった。恋人のいない者同士がジャージャー麺を食べる日として知られる「ブラックデー(4月14日)」の投稿数も、2011年の1万7587件から2016年には6296件に減少した。

 チキンの人気が高くなるにつれ、人々はチキンに関連する話題に敏感に反応している。

 月ごとのチキンの投稿数は20万〜30万件だが、チキン業界の価格引き上げや、ブラジルの一部企業が腐敗した鶏肉を海外に輸出していたとの報道が波紋を呼んだ先月は、チキンに関する投稿数が前月比21%増の40万654件に達した。

 特に、フライドチキンの価格引き上げをめぐってフランチャイズ企業BBQと韓国政府が対立した先月13、14日のチキンに関する投稿数はそれぞれ2万3499件、2万4906件に達し、朴容疑者が大統領を罷免された日の次に多かった。

 SNS上でのチキンに関する投稿数は、気温、ニュース、企業の時価総額と相関性があると分析された。

 ダウムソフトはこのような事実に着眼し、ツイッター上でのチキンの投稿数と気温、ニュース、時価総額などの要素をかけ合わせた「チキン指数」を開発した。

 同社は「チキン指数はSNS上での幸福に関する投稿の増減と類似した推移を見せる特徴がある」とし、「最近チキン指数が最も高かった日は、朴前大統領の弾劾が決定した先月10日だった」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr