他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

社会文化

哨戒艦沈没 北朝鮮の関与否定した男性に有罪判決=韓国

【ソウル聯合ニュース】2010年3月に発生した海軍哨戒艦「天安」撃沈事件で、同艦の沈没が北朝鮮の仕業ではなく座礁によるものと主張し、情報通信網法の名誉毀損(きそん)罪に問われた男性に対する判決公判が25日、ソウル中央地裁であり、地裁は懲役8カ月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。

 地裁は男性がインターネットで公開した文章のうち、軍当局が同艦の沈没原因をでっちあげる時間を稼ぐため、行方不明者の救助を遅らせたなどと表現したものについて、誹謗(ひぼう)目的で虚偽の事実により関係者の名誉を著しく傷つけたと判断した。

 また同艦の沈没原因は北朝鮮による魚雷攻撃の爆発とし、男性が主張する座礁説には根拠がないと結論付けた。

 男性は2010年4月、インターネットメディアに「沈没原因は座礁であるにもかかわらず、政府と軍が北の魚雷攻撃によるものであるかのように事故原因をでっちあげている」という内容の文章を公開。軍関係者などの名誉を傷つけたとして同年8月に在宅起訴された。

yugiri@yna.co.kr