他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

社会文化

韓国・済州島で被害続出 航空便も大量欠航=台風8号

【済州聯合ニュース】大型で強い台風8号の影響で、韓国・済州島では9日、大雨や暴風のため航空便のほとんどが欠航し、1万3000世帯余りが一時停電になるなど被害が続出した。

 現在、済州道の全域に台風警報が発令中で、山間部では所により1時間あたり約20ミリの雨が降っている。

 同日午後4時現在の降水量は多い所で384.5ミリを記録した。済州市では63.1ミリ、西帰浦市では52.5ミリを観測している。加波島では瞬間最大風速が33.8メートルを記録するなど風も強い。

 強風と豪雨が続き、各地で被害が続出した。強風による断線で合計1万3000世帯余りが停電になった。  

 航空便の欠航も相次いだ。韓国空港公社済州本部によれば、同日午後4時現在、済州国際空港に台風警報とウインドシア(風向や風速の急変)警報が発令中で、出発・到着航空便187便(国際線28、国内線159)が欠航するなど、午後に入って欠航が続出しており、約80便は遅延運航した。

 海沿いの道路は通行制限がしかれ、道内の港や入り江には船舶約2000隻が待避している。

 道内の8校は休校とし、92校は登下校の時間を調整した。 

 韓国気象庁は、10日にかけて済州市で20〜60ミリ、山間部など多い所では150ミリ以上の雨がさらに降り、瞬間最大風速20〜35メートルの非常に強い風が吹くと予測した。また波が防波堤や海岸道路を越える所もあるとして、事故や施設管理などに注意するよう促した。

 台風8号は同日午後6時前後に済州に最も近づき、今後は東北東に進みながら次第に弱まるという。

西歸浦沖に押し寄せる波=9日、西歸浦(聯合ニュース)西歸浦沖に押し寄せる波=9日、西歸浦(聯合ニュース)

yugiri@yna.co.kr