English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 社会・文化
2008/07/11 15:58 KST
金剛山で観光客が射殺、禁止区域に迷い込み


【ソウル11日聯合】北朝鮮・北江原道金剛山特区内の海水浴場付近で、韓国人観光客の女性が胸と足に銃弾を受け死亡した。当局と金剛山観光を主催する現代峨山によると、この女性は11日午前4時30分ごろ1人で散歩に出かけたところ北朝鮮側軍事保護施設地域に入り込み、見張りの兵士から銃撃を受け午前5時ごろ死亡した。

 北朝鮮側は、鉄条網を越えた女性に兵士が数度にわたり停止を命じたが、女性が逃亡したため警告射撃をした上で発砲したと説明している。こうした事実は午前9時20分ごろ現代峨山に通達された。女性の遺体は午後1時ごろ韓国側に引き渡され、束草の病院に安置された。

 現代峨山関係者は「散歩に出た女性が禁止区域にそうとは知らず入り込み銃撃されたようだ。事後処理について関係当局と話し合っている」と伝えた。

金剛山特区内海水浴場(2005年7月撮影)=(聯合)