English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 社会・文化
2007/10/31 18:33 KST
親日真相究明特別法、初の違憲法律審判へ


【ソウル31日聯合】日帝強占下の親日反民族行為真相究明に関する特別法(親日真相究明特別法)に対する初の違憲法律審判提請が行われる。違憲法律審判の提請とは、その法律が違憲であるかどうかが一般の裁判所での審議前提となる場合、裁判所が憲法裁判所に違憲法律の審判を求めること。ソウル行政裁判所は31日、朝鮮総督府中枢院で副議長や顧問、参議として活動したことを親日行為と定義している親日真相究明特別法2条9号に対し、違憲法律審判を求めることを決定したと明らかにした。

 裁判部は、こうした活動を例外なく親日反民族行為と定義することは、被害の最小化、法益の均衡という面で、過剰禁止の原則に反する疑いがあるとしている。朝鮮総督府中枢院などは根本的に日帝総督政治を合理化する道具として置かれたものだが、その性格や権限、実際の活動様相は時代により異なったという点を考慮することは可能だとの考えだ。

 これを受け、中枢院参議として活動し親日反民族行為真相究明委から親日派の決定を受けたチョ・ジンテ氏のひ孫が親日反民族行為取り消し訴訟を行っているが、これは違憲法律審判の結論が出た後に弁論が再開されることになる。憲法裁判所が違憲の決定を下した場合、親日派と認定された人物の親族らが相次ぎ取り消しを求める訴訟を起こすことが予想される。