English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 社会・文化
2007/09/21 11:33 KST
「O型は外向的でA型論理的」、血液型研究を総合


【ソウル21日聯合】血液型と性格の相関関係についてこれまで報告された研究を総合した結果、O型は外向的な人が多いのに対し、A型は内向的な傾向が強いことが分かった。ほとんどの研究が、A型は論理的で気質が安定しているが、B型はそのほかの血液型に比べ感性的とみているという。

 延世大学大学院の技術経営学科に在籍するリュ・ソンイル研究員と心理学科のソン・ヨンウ教授が21日、「血液型類型学研究に対する概観」と題する論文でこのように明らかにした。血液型による性格の類型化は大衆の人気を集めるテーマだが、学問的には相関関係がないと一般的に考えられている。論文はこれに反論するもので、これまでの血液型類型学の研究結果を総合した初の研究という点で注目される。同論文は韓国心理学会誌の秋号に掲載される予定だ。