他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

韓日関係

韓国人も愛する桜 否定的なイメージから春の代名詞に

【ソウル聯合ニュース】寒さが和らぎ、春が近づくにつれ、桜の開花を待ちわびる人が増えている。韓国では昔から春を告げる花の代表はレンギョウやツツジだったが、桜にその座を明け渡して久しい。

 日本の大衆文化が禁止されていた時代には桜は日本文化の象徴とされ、桜を否定的に見る向きもあったが、最近は花見が文化的楽しみの一つとして受け入れられ、わだかまりなく楽しまれている。

サクラとレンギョウ(資料写真)=(聯合ニュース)
サクラとレンギョウ(資料写真)=(聯合ニュース)

 人工知能(AI)を活用したビッグデータ分析を手掛ける韓国のダウムソフトがブログ、ツイッター、ニュースを分析した結果、2016年に桜に言及した件数は214万3174件で、ツツジ(21万264件)の約10倍、レンギョウ(12万7264件)の約17倍に達したことが3日、分かった。

 他の春の花に比べ桜が圧倒的な人気を誇る理由についてダウムソフトは「単純に美しい花というだけでなく、舞い散るイメージ、ときめき、愛のイメージを呼び起こすため」と分析する。

 また、桜の開花後に当たる16年4〜6月期に桜とともに言及された場所はソウルの桜の名所、汝矣島(2050件)が1位で、2位には日本(1548件)が入った。これは日本が「桜の聖地」と呼ばれ、日本の桜を見るために旅行する韓国人が多いためだ。

 春の花の代名詞となった桜の人気は当分、続く見込みだ。

ikasumi@yna.co.kr