他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

韓日関係

慰安婦支援財団の準備委あす発足 トップに女性学者=韓国

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に基づき、被害者支援財団を設立するための準備委員会が韓国で31日に正式に発足する。

慰安婦問題(イメージ)=(聯合ニュースTV)
慰安婦問題(イメージ)=(聯合ニュースTV)

 韓国外交部と女性家族部は30日、財団設立準備委の第1回会議が31日午前に行われると発表した。

 今回の会議は昨年12月28日に韓日両国が慰安婦問題で合意した後、初めて行われる公式活動となる。

 準備委員長には誠信女子大名誉教授の金兌玄(キム・テヒョン)氏(66)が内定した。金氏は33年間にわたり、女性と高齢者の福祉問題を研究し、関連活動を行ってきた専門家だ。第1回会議で委員長に選出される予定で、特別な問題がない限り、来月発足する予定の財団の理事長に就任する見通しだ。

 金氏は31日午前に開かれる第1回会議の後に、財団設立準備委員長として記者懇談会を行う。

 準備委は金氏のほか、女性委員数人を含む11人で構成される。計15人以内で追加の選任も可能。外交部と女性家族部の局長級も1人ずつ参加するとされる。

 設立準備委は定款や財団活動の策定のほか、日本からの拠出金受け取り準備など、財団設立に向け本格的な活動に取り組む。

 韓日両国は被害者の名誉と尊厳を回復し心の傷を癒すため、韓国政府が支援財団を設立し、日本側が10億円を拠出することで合意している。

 韓国政府当局者は日本政府が拠出する10億円について、「財団事業や運営などのすべてを日本政府の予算で賄う」と説明した。韓国政府の予算投入の可能性については「現時点では何も決まっていない」と話した。

csi@yna.co.kr