他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

韓日関係

外国人から見た韓国のイメージ ITからK−POPに変化

【ソウル聯合ニュース】韓国文化産業交流財団は10日、昨年11月に世界14カ国・地域の5600人を対象に実施した韓国のイメージに関する調査の結果を発表した。調査結果によると、調査対象者の17.2%が韓国と言われて思い浮かべるイメージとして「K−POP」を挙げた。

 2位は「韓国料理」(10.5%)、3位は「IT先端産業」(10.4%)だった。昨年2月の調査では「IT先端産業」は1位だった。

 最も人気がある韓国文化コンテンツは42.6%が「韓国料理」と答え、「音楽」(36.4%)、「ファッション」(35.3%)、「映画」(29.7%)、「ドラマ」(28.2%)、「ゲーム」(26.9%)を挙げた。韓国の大衆文化の人気が韓国料理やファッションなど生活全般に拡大したものとみられる。

 韓流ブームが持続する可能性に関する質問では「4年以内に終わる」と答えた人が前回比4.4ポイント減の57.2%となった。持続期間を「5〜9年」とした人は3.6ポイント増、「10年以上」とした人は0.7ポイント増加し、韓流が今後も続く可能性については肯定的に考える人が多くなった。

 だが、韓流の主な市場である日本では「4年以内終わる」という回答が84.3%と高く、反韓感情が続いていることをうかがわせた。また、日本の韓流ファンの40%はK―POP、ドラマ、映画などのコンテンツの利用量が1年前より減少したと答えた。

 韓国文化産業交流財団は海外での韓流の実態を把握し、韓流の正しい発展方向を提示するため、中国、日本、インドネシア、タイ、台湾、オーストラリア、米国、ブラジル、フランス、英国、ロシア、アラブ首長国連邦(UAE)、南アフリカ共和国などを対象に定期的に調査を実施している。

yugiri@yna.co.kr