他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

韓日関係

慰安婦被害者の名誉回復へ努力 韓日・日韓議連が共同声明

【ソウル聯合ニュース】超党派の韓日議員連盟と日韓議員連盟は25日、ソウル市内で合同総会を開き、慰安婦被害者の名誉回復と首脳会談の早期開催のために努力するとした共同声明を採択した。総会で慰安婦問題が正式議題として取り上げられたのは初めて。

合同総会の開会式の様子=25日、ソウル(聯合ニュース)合同総会の開会式の様子=25日、ソウル(聯合ニュース)

 声明は「歴史問題の象徴的な懸案である慰安婦問題において正しい歴史認識のもとで、当事者たちの名誉回復と心の痛みを癒すことができるような措置が早急に取られるよう双方が共に努力する」と言明。慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めた1993年の「河野談話」と日本の過去の植民地支配と侵略を謝罪した95年の「村山談話」に触れ、「談話の精神にふさわしい行動を取る」とした。

 また、韓国と日本、中国による共同教科書実現のため、韓国と日本の歴史教科書を相手国の言葉に翻訳し、参考書として活用することを検討するとした。

 声明は「両国が歴史を直視しながら未来志向の関係を構築しなければならないとの点で思いを共にした」として、「相互信頼に基づいて21世紀のパートナーシップ関係を深めるために関係を早急に修復しなければならない」と促した。

 北朝鮮問題に関しては、「朝鮮半島の恒久的な平和定着と北東アジアの安定・繁栄のため、北朝鮮の核・ミサイルの開発放棄と拉致問題の早期解決、人権の保障に向け緊密に協力していく」と強調した。

 来年、国交正常化50周年を迎えるにあたり、両国の議会で決議案を採択し、記念事業を推進・支援する方針も示した。

 また朝鮮王朝時代に日本へ朝鮮の文化を伝えた外交使節団「朝鮮通信使」を「両国の善隣友好の絆で、歴史的な象徴」と評価。両国共同で世界遺産登録に向けて努力するとした。

 次回の総会は来年、東京で開かれる。

総会の開会式で祝辞を述べる韓国の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相(国務総理室提供)=25日、ソウル(聨合ニュース)総会の開会式で祝辞を述べる韓国の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相(国務総理室提供)=25日、ソウル(聨合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

関連写真