他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

韓日関係

韓日首脳会談 「絶対しないとの立場ではない」=韓国長官

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は17日、KBSのテレビ番組に出演し、朴槿恵(パク・クネ)政権後に開催されていない日本との首脳会談について、「絶対にしないという立場ではない」との姿勢を明らかにした。

 尹長官は「来年は国交正常化50周年でもあるので、日本側が誠意ある措置を示すのであれば、その結果によって(首脳会談の開催を)考えられる」と説明。「過去10年をみると、多くの場合が成果のある会談ではなく、争って戦争のような雰囲気となって両国関係がさらに悪化した例がある。成果ある首脳会談になるためには、十分な準備が必要で、環境が整わなければならない」と強調した。

 旧日本軍の慰安婦問題などで進展した措置を取る場合、今秋の多国間協議など合わせて首脳会談を模索できるとの姿勢を示唆したものとみられる。

 一方、安倍晋三首相が15日、靖国神社に玉串料を奉納したことについて、「靖国神社は殖民主義と侵略主義の象徴」と指摘。「歴史修正主義の言動を繰り返すような印象」と批判した。

 日本の独島の領有権主張に関しては、「日本がこの問題に触れれば触れるほど、過去の侵略の歴史を認めず、反省しないことを意味する」と非難し、「紛争地域化の戦略を取っているので、感情的に対応するよりは冷静に領有権を行使している」と述べた。

 安倍首相の訪朝や日朝国交正常化問題にも触れ、「国交正常化は10年前の平壌宣言に含まれているので、いつかはそういう方向に進むだろう」との考えを示した。その上で、「韓米日連携や国連の制裁問題などを慎重に検討すると思う。韓米日の連携が重要視される状況で日本の最高指導者がこうしたことを度外視し、北朝鮮を訪問するのは簡単ではない決定だろう」と語った。

 過去の歴史認識をめぐる中国との連携については、「中国と歴史的な経験を共有しているのは事実だが、共同で(対応)するという側面は違うレベルの問題だ」として、「韓米日安保協力と韓中協力をバランスよく発展させるため、知恵を絞りたい」とした。

 来年、日本の植民地支配からの解放70周年になることを受け、中国と共同行事を行うことに関しては、「現段階では中国は中国、韓国は韓国で行う可能性が高い」と明らかにした。

 11月に中国で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた中国と日本の首脳会談については、「(首脳会談が検討されているという)日本の報道は中国側の表現だと事実ではない」として、「(尖閣諸島問題など)中国が要求する首脳会談の条件に日本が合わせられるかが鍵」との考えを示した。