• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      朝ロ国交樹立70年で両首脳が祝電 北メディア伝える

      2018/10/12 09:17

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】朝ロ(ロ朝)国交樹立70年を迎え、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とロシアのプーチン大統領は祝電を送り合い、友好関係をアピールした。北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、両首脳の祝電について報じ、朝鮮労働党機関紙の労働新聞も1面トップに祝電を並べて掲載した。

      金委員長(右)とプーチン大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)
      金委員長(右)とプーチン大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

       金委員長は祝電で「先代の指導者たちにより築かれた朝ロ親善協調関係は相互尊重と善隣互恵の原則でたゆみなく強化、発展してきた。こうした伝統は新世紀に入っても変わりなく継承されている」とした。さらに、この関係が新時代の求めと両国人民の利益に合致し、引き続き建設的に発展するものと確信すると述べた。

       プーチン氏はロシアと北朝鮮が幅広い分野で建設的に協力してきたと述べ、韓国を含む3者間の互恵的な関係強化を確信するとした。それは朝ロの人民の利益となり、朝鮮半島と北東アジア全体の安全と安定の強化にも貢献すると強調した。

      mgk1202@yna.co.kr