• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      正恩氏 ローマ法王を平壌に招待=韓国大統領府

      2018/10/09 16:06

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がローマ法王フランシスコを平壌に招待した。韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が9日の会見で伝えた。

      朝鮮中央テレビが9月21日、文大統領(右)と金委員長が白頭山を訪問したことを報じた=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)
      朝鮮中央テレビが9月21日、文大統領(右)と金委員長が白頭山を訪問したことを報じた=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

       金報道官は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が17〜18日の日程でバチカン(ローマ法王庁)を公式訪問すると発表。金委員長がローマ法王の平壌訪問を希望しているため、文大統領はローマ法王との会談で金委員長の意思を伝える予定と説明した。金委員長はローマ法王が平壌を訪問すれば「熱烈に歓迎する」との意向を示しているという。

       先月、文大統領に同行して訪朝した金喜中(キム・ヒジュン)韓国天主教主教会議議長兼光州大教区教区長(大主教)は金委員長と面会した際、「南北が和解と平和の方向に進んでいることをローマ法王庁に伝える」と述べ、金委員長は「ぜひ伝えてほしい」と応じた。

       文大統領はローマ法王との会談で、朝鮮半島の平和と安定のための支持を要請し、今後の協力策を議論する方針だ。

      yugiri@yna.co.kr