• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      正恩氏が塩辛工場視察 品質向上促す

      2018/08/08 09:05

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が李雪主(リ・ソルジュ)夫人と共に南西部・黄海南道の金山浦塩辛加工工場を視察したと報じた。

      塩辛加工工場を視察する金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
      塩辛加工工場を視察する金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

       この工場は北朝鮮初の近代的な塩辛加工工場で、金委員長は建設中だった2015年3月と完成後の17年1月にも視察するなど、大きな関心を寄せてきた。

       中央通信によると、金委員長は試作品開発や生産状況について報告を受け、労をねぎらった後、先進技術の導入や厳格な工程・製品検査などを指示。また、「試作品の生産にとどまらず、需要に応じて生産して売り、人民の評価に耳を傾け製品の質的な発展を考えなければならない」と強調した。

       視察には崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長をはじめ、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏、趙勇元(チョ・ヨンウォン)氏ら党幹部、キム・チャンソン国務委員会部長が同行した。現地では徐鴻賛(ソ・ホンチャン)人民武力省(韓国の国防部に相当)第1副部長が金委員長を迎えた。

      mgk1202@yna.co.kr

      関連写真