• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      金正恩氏と韓国特使団が意見交換 北朝鮮メディア「満足いく合意」

      2018/03/06 08:39

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、「金正恩(キム・ジョンウン、朝鮮労働党委員長)同志が5日、平壌を訪れた南朝鮮(韓国)大統領の特使代表団と面会した」と報じた。北朝鮮側は金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長や金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らが同席した。

      韓国特使団トップの鄭義溶青瓦台国家安保室長(右)を迎えた金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
      韓国特使団トップの鄭義溶青瓦台国家安保室長(右)を迎えた金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

       中央通信は「最高領導者(金委員長)同志は南側特使から首脳会談に関する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意向を伝え聞き、意見を交わし、満足いく合意をみた」とし、金委員長がこれに関し実務的な措置を速やかに取るよう指示したと伝えた。 

       また、「最高領導者同志は特使団と、南北関係の積極的な改善、朝鮮半島の平和と安定の保障に向けた問題について虚心坦懐(たんかい)に話を交わした」とし、金委員長が「朝鮮半島の先鋭化する軍事的緊張を緩和し、北と南の間の多方面での対話と接触、協力と交流を活性化させるための問題に対しても踏み込んだ意見を行った」と伝えた。

       一方で北朝鮮メディアは、非核化問題や米朝対話には触れず、これらに対する金委員長の反応も明らかにしなかった。

       中央通信は、この面会の席で特使団の鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(大統領府)国家安保室長(閣僚級)が文大統領の親書を手渡したと伝えた。

       特使団は北朝鮮が平昌冬季五輪に高官代表団をはじめとする代表団を派遣したことで大会が成功したとしながら感謝の意を伝えたという。金委員長はこれに謝意を示し、「同じ血を分けた民族として、同族の慶事を一緒に喜び手助けすることは当然のこと」と述べた。また冬季五輪が、民族の気概と存在感を内外に示し南北間に和解と団結、対話という良い雰囲気をつくるのに大変重要な契機になったと評した。

       面会には、韓国から鄭氏のほか、情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長、統一部の千海成(チョン・へソン)次官、国情院の金相均(キム・サンギュン)第2次長、大統領秘書室の尹建永(ユン・ゴンヨン)国政状況室長が出席した。

       これに続き、金委員長主催の夕食会が開かれた。金委員長の夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏も同席した。

      mgk1202@yna.co.kr