• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      五輪後の韓米演習は南北関係ぐらつかせる 北メディアが非難

      2018/02/07 11:19

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の開幕が迫る中、北朝鮮メディアが平昌五輪・パラリンピック後の韓米の合同軍事演習実施方針を非難している。

      北朝鮮は平昌五輪を機に融和姿勢を示し、韓米合同軍事演習の実施をけん制している(イメージ)=(聯合ニュース)
      北朝鮮は平昌五輪を機に融和姿勢を示し、韓米合同軍事演習の実施をけん制している(イメージ)=(聯合ニュース)

       朝鮮労働党機関紙の労働新聞は7日、「朝鮮半島で緊張緩和の兆しが見える時に米国が早くも五輪後の合同軍事演習再開を公言することは、やり過ごす問題ではない」としながら、「朝鮮半島の緊張を緩和し平和的な環境をつくろうとするわれわれの誠意と真剣な努力に対する真っ向からの挑戦」と非難した。

       さらに、「わが共和国(北朝鮮)を狙った大規模な合同軍事演習を再開すれば、ようやく改善への第一歩を踏み出した北南(南北)関係がぐらつき、朝鮮半島情勢は再び破局状態に戻るしかない」と主張した。

       朝鮮中央通信も前日、韓米合同軍事演習が実施された場合、朝鮮半島情勢が破局状態に戻ると主張する論評を発表している。

       また、李容浩(リ・ヨンホ)外相は先月末に国連のグテレス事務総長に書簡を送り、韓米合同軍事演習に触れながら、南北関係の改善に「妨げとなる行動」をできないよう国連安全保障理事会で取り上げてほしいとした。

       韓米は2月上旬から3月中旬まで開かれる平昌五輪・パラリンピックの期間中、毎年春ごろに実施している合同軍事演習を行わないことで合意した。韓米両軍は4月初めの演習開始を検討しているとされる。

      mgk1202@yna.co.kr