• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      南北合同チーム規模確定 北朝鮮選手12人合流=アイスホッケー女子

      2018/01/20 21:44

      Article View Option

      【ローザンヌ聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、韓国、北朝鮮の国内オリンピック委員会、大会組織委員会との4者会談をスイス・ローザンヌのIOC本部で開き、五輪史上初めてとなるアイスホッケー女子の南北合同チームの結成を確定した。

      平昌五輪への北朝鮮参加を巡る会談の模様=(聯合ニュース)
      平昌五輪への北朝鮮参加を巡る会談の模様=(聯合ニュース)

       平昌五輪に出場するアイスホッケー女子の南北合同チームは韓国選手23人と北朝鮮選手12人からなる。合同チームの登録選手は上限を超える35人となるが、試合に出場できる選手は規定通り22人となる。

       合同チームは朝鮮半島旗のユニフォームに「コリア」を使用する。国歌は「アリラン」に決まった。

      csi@yna.co.kr