• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      国連事務次長きょう訪朝 北朝鮮高官らと協議=緊張緩和模索

      2017/12/05 08:24

      Article View Option

      【ニューヨーク聯合ニュース】国連は4日(米東部時間)、フェルトマン事務次長(政治局長)が5〜8日に北朝鮮を訪れ、李容浩(リ・ヨンホ)外相ら政府高官と会談すると発表した。北朝鮮のミサイル発射などで朝鮮半島での緊張が高まる中、対話再開に向けた糸口を探る狙いがあるとみられる。

      フェルトマン事務次長(右)=(聯合ニュース)
      フェルトマン事務次長(右)=(聯合ニュース)

       国連幹部の訪朝は、2010年2月に当時のパスコー政治局長、11年に当時のエイモス人道問題調整官が訪朝して以来となる。今回は北朝鮮側が9月に訪朝を提案し、今月初めに決まったようだ。

       北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐっては、グテレス国連事務総長が「仲介意欲」を示してきただけに、フェルトマン氏は今回の訪朝で北朝鮮を対話のテーブルに引き出すため、仲介に乗り出す可能性がある。また、グテレス氏の訪朝を協議することも考えられる。

       潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は在任中の15年5月に訪朝を推進したが、北朝鮮側が突然許可を取り消し、実現しなかった。

      csi@yna.co.kr