• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      北朝鮮

      北朝鮮外相 米国の敵対政策撤回ないなら交渉なし

      2017/08/07 21:05

      Article View Option

      【マニラ聯合ニュース】北朝鮮代表団によると、李容浩(リ・ヨンホ)外相は7日、フィリピン・マニラで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、「米国の敵対視政策と核脅威が根本的に清算されない限り、われわれはいかなる場合も核と弾道ロケット(ミサイル)を交渉のテーブルに載せない」と述べた。記者団に李外相の演説文を公開した。

      宿泊先のホテルに戻る李外相=7日、マニラ(聯合ニュース)
      宿泊先のホテルに戻る李外相=7日、マニラ(聯合ニュース)

       李外相は「われわれが選択した核武力強化の道で一歩も引かない」とし、北朝鮮の従来の立場を重ねて表明した。

       また、「わが国の地理的な位置から米国の軍事的な侵攻を効果的に抑止するためには、米国の心臓部を狙える大陸間攻撃能力を有しなければならない」として、「7月4日と28日の2度にわたり、最終関門をくぐり抜け、米本土全域を射程に収めたことを全世界に見せつけた」と強調した。

       その上で、「自力自強を生存方式としているわれわれは米国の敵対視政策と敵対行為に十分対処でき、米国が軍事的に襲いかかってくるなら、核戦略武力でしつけてやる準備ができている」と述べた。

       韓国と日本には、「米国に盲目的に追従することを生存方式としている日本と南朝鮮当局についてはあえて言及しない」と表明した。

       一方、李外相は宿泊先のホテルで記者会見を開くとの見方が出ていたが、報道陣の質問に応じず、無言のまま客室に向かった。

      kimchiboxs@yna.co.kr