他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

北朝鮮

「脱北者情報を北に渡そうとした」 女性を送検=韓国警察

【ソウル聯合ニュース】韓国の慶北地方警察庁は31日、国家保安法違反の罪で起訴された北朝鮮脱出住民(脱北者)の女性(45)が仁川アジア大会期間中、脱北者28人の名前や写真などの情報を北朝鮮関係者に渡そうとしたと供述したことを明らかにした。

 警察は女性が使っていた携帯電話から28人の情報を確認し、スパイ容疑を追加し、送検した。

 女性は脱北者が経営する食堂などに就職し、脱北者10人余りの住所や携帯電話番号などを集め、北朝鮮領事館に報告した罪で起訴されている。女性は昨年7月、ソウルで開かれたサッカー東アジア・カップの南北女子代表戦の際、観客席で脱北者約90人の情報が入ったUSBメモリーを北朝鮮領事館が送った男性に渡したと供述したが、証拠が見つからず、この容疑については送検しなかったという。

kimchiboxs@yna.co.kr