他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

北朝鮮

1月の中朝貿易額 前年比16%増=張氏処刑影響せず

【ソウル聯合ニュース】中国と北朝鮮間の今年1月の貿易額が前年同月より約16%増加した。昨年12月に北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長が処刑されたことで中朝貿易が冷え込むとの予想も出ていたが、これまで特に影響は出ていないようだ。

 韓国貿易協会が28日発表した統計によると、1月の中朝貿易額は5億4600万ドル(約557億円)で、前年同月比15.9%増加した。

 北朝鮮の中国向け輸出額は同18.0%増の2億2300万ドル、中国からの輸入額は同14.5%増の3億2300万ドルだった。

 北朝鮮の中国向け輸出品のトップは無煙炭で、輸出額は同21.3%増の1億155万ドル。中国の対北朝鮮輸出品のトップは携帯電話などの無線通信機器で、輸出額は同28.0%増の1447万ドルだった。

 慶南大極東問題研究所の林乙出(イム・ウルチュル)研究教授は「中国の東北3省の開発により北朝鮮の地下資源に対する需要が高まっており、中朝貿易規模は今年も増加する」と予想。「張成沢氏の粛清という政治的要因も大勢に大きく影響しないとみられる」と分析した。

ikasumi@yna.co.kr