他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

北朝鮮

南北貿易額の減少続く 中朝貿易の6分の1水準に

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮の関係が冷え込んだ影響で、南北の貿易規模は昨年、8年ぶりの低水準に落ち込んだ。その一方、中朝貿易は過去最高を記録し、北朝鮮の対中貿易依存度は一段と高まっていることが23日までに分かった。

 韓国貿易協会の報告書によると、昨年の南北貿易額は前年比41.9%減の11億4891万ドル(約1170億円)となった。10億5500万ドルを記録した2005年以来の低水準。

 北朝鮮への輸出は41.1%減の5億3182万ドル、北朝鮮からの輸入は42.5%減の6億1718万ドルだった。

 2010年に発生した北朝鮮による韓国海軍哨戒艦沈没事件を受けた対北朝鮮制裁措置で、南北の貿易が中断する中、経済協力事業を行う開城工業団地の稼動が一時中断したことが響いた。

 これに対し、昨年の中朝貿易額は10.4%増の65億4469万ドルで過去最高となった。中朝貿易は2009年から年40%以上の高成長を続けている。

 中朝貿易に対する南北貿易規模は2009年から減り続け、昨年には約6分の1水準の17.6%まで落ち込んだ。

csi@yna.co.kr