聯合ニュース

他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line
北朝鮮が「最後通牒状」 韓国に敵対行為謝罪を要求
2013/04/16 08:29 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は16日、韓国の一部の保守団体による反北朝鮮パフォーマンスを非難し、韓国政府に対しすべての反北朝鮮行為を謝罪するよう要求した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部は韓国政府に送る「最後通牒状」を発表し、「傀儡(かいらい)当局者が心から対話と交渉を望むならば、これまで敢行したすべての反共和国敵対行為を謝罪し、全面中止するという実践的な意志を全同胞の前に示さなければならない」と迫った。

 北朝鮮で15日、故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日「太陽節」を民族最大の慶事として祝う中、韓国の保守団体がソウルの中心地で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記らの写真をつけた人形を燃やすパフォーマンスを行ったことに言及。「わわわれ最高の尊厳を損なう蛮行が、傀儡当局の庇護のもとでソウルのど真ん中で堂々と行われる限り、われわれの予告なしの報復行動が開始される」と威嚇した。報復対象として、最高尊厳を傷つける行為に直接・間接的に加担した者、それをあおり黙認した者、当該当局機関などを挙げた。

 通牒状は「最高尊厳をどう仰ぎ守るかを示すための、わが革命武力の正々堂々たる軍事的な示威行動が即時に開始されるだろう」と繰り返した。

北朝鮮脱出住民(脱北者)団体が行ったパフォーマンス=14日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr