他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
北朝鮮が声明「核先制攻撃の権利を行使する」
2013/03/07 19:02 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は7日、外務省報道官声明を発表し、「侵略者たちの本拠地に対し核の先制攻撃の権利を行使する」と威嚇した。国連は7日午前10時(日本時間8日午前零時)に安全保障理事会の全体会議を開き、核実験を強行した北朝鮮に対する制裁決議案を採択する予定。北朝鮮の声明は安保理の決議案採択の動きに対し出された。

 声明は、韓米の合同軍事演習「キー・リゾルブ」(11〜21日)と野外機動訓練「フォール・イーグル」(実施中、来月30日まで)を「先制攻撃を狙った北侵戦争演習」とした上で、「外交的解決の機会は失われ、軍事的対応だけが残った」と主張した。

 さらに国連安保理に言及し、「侵略戦争を合理化する決議が採択された後、国連軍が侵略戦争を強行するのは昔も今も変わらない」と指摘。各国は国内の経済危機から脱却するための方策を第2の朝鮮戦争の挑発で模索していると非難した。

 特に米国については、「反北朝鮮の制裁決議を主導している」とした上で「強力な第2、第3の対応措置を前倒しする」と述べた。

 国連に対しては、「安保理は最悪の前例を踏襲しないよう強く警告する」と主張。国連安保理を米国の侵略戦争遂行の道具である「国連軍司令部」と呼んだ上で、即時解散すべきだと主張した。

sarangni@yna.co.kr