Home 北朝鮮
2010/01/31 10:50 KST
韓国支援のインフル薬、北は出どころ伏せ住民に供給


【ソウル31日聯合ニュース】北朝鮮は韓国政府から支援を受けた新型インフルエンザ治療薬50万人分を、出どころを伏せたまま住民に供給していると伝えられた。

 米国の自由アジア放送(RFA)が30日、北朝鮮と取引する貿易業者とのインタビューを報じたもの。この業者は、北朝鮮の医師の多くは治療薬が韓国から来たものだと知っているが、保健部門から秘密にするよう指示が下されているため、住民らは韓国が支援した薬だと知らないケースが多いと話している。北朝鮮保健当局は、「薬は韓国ではなく国連が提供した」と住民に伝えるよう、医師に指示しているという。

 韓国政府は先月、タミフルなど新型インフルエンザ治療薬50万人分を、陸路を通じ北朝鮮に支援した。北朝鮮は今月19日、タミフル30万人分とリレンザ8万人分を平壌と各市・道に分配し残りを備蓄したという報告書を、韓国側に送付している。

japanese@yna.co.kr