English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 北朝鮮
2009/04/02 14:09 KST
わずかの迎撃の動きにも報復打撃、北朝鮮が発表


【ソウル2日聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は2日、「重大報道」を発表し、北朝鮮の長距離ロケット発射に対する韓米日の対応措置に関し「わが革命武力は高度の戦闘準備態勢を整えており、敵対勢力がわれわれの平和的な衛星に対するいささかの『迎撃』の動きでも見せようならば、直ちに正義の報復打撃を加える」と述べた。

 特に日本政府の対応方針を集中非難した。「日本が分別を失い平和的衛星に対する迎撃行為を敢行するならば、わが人民軍隊は容赦なく、すでに展開されている(日本の)迎撃手段だけでなく重要対象にも断固とした報復の大目玉を食らわす」と警告した。

 続いて米国に対し、被害を負うまいとするならば展開した武力を直ちに撤収させるべきだと促した。韓国に対しては、「米日にへつらい、民族の誇りであるわが衛星の打ち上げを邪魔するまねをすべきでない」と主張した。

 参謀部は、宇宙空間を平和的な目的に利用することは誰も干渉することのできない主権国家の合法的な権利で、平和的な衛星打ち上げは国と民族の繁栄と人類の進歩に向けた正義の事業だと、これまでの主張を繰り返した。