他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

IT

IThome > IT

SKハイニックス 半導体売上高で世界3位に返り咲き

【ソウル聯合ニュース】米市場調査会社IHSによると、昨年10〜12月期の半導体売上高で米インテルとサムスン電子が1位と2位を維持し、SKハイニックスが前期の5位から3位に返り咲いた。

SKハイニックス=(聯合ニュースTV)
SKハイニックス=(聯合ニュースTV)

 インテルの売上高は155億300万ドル(約1兆7300億円)、サムスン電子は117億5700万ドル、SKハイニックスは45億3400万ドルだった。

 前期3位だった米クアルコムは4位(40億9100万ドル)に転落した。5位は米マイクロン・テクノロジー(40億8200万ドル)。

 市場シェアはインテルが16.0%、サムスン電子が12.1%、SKハイニックスが4.7%、クアルコムとマイクロン・テクノロジーがいずれも4.2%だった。

 半導体メモリー事業を売却する東芝は昨年10〜12月期の売上高が28億5500万ドル(シェア2.9%)で8位だった。SKハイニックスは東芝の同事業の売却先候補に名乗りをあげている。

 昨年通期の売上高はインテル(549億8100万ドル)、サムスン電子(403億2300万ドル)、クアルコム(154億500万ドル)、米ブロードコム(149億7900万ドル)、SKハイニックス(146億9900万ドル)の順だった。

kimchiboxs@yna.co.kr