• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      「海洋強国が韓国の未来」 国際観艦式演説で文大統領

      2018/10/11 15:35

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、南部・済州島で開かれている国際観艦式で演説し、「平和と繁栄という目的地に到達するために必要なのが強い国防力で、その中でも海軍力は開放・通商国家の国力を象徴する」と強調しながら「海洋強国が韓国の未来であり、海軍が朝鮮半島の平和を越え、北東アジアや世界の平和に寄与できるようさらに強くしていく」との姿勢を示した。

      揚陸艦「日出峰」で演説する文大統領=11日、西帰浦(聯合ニュース)
      揚陸艦「日出峰」で演説する文大統領=11日、西帰浦(聯合ニュース)

       揚陸艦「日出峰」の艦上で演説した文大統領はまた、「(済州島にある)海軍基地を戦争の拠点ではなく、平和の拠点にする」として、「観艦式は世界の海軍の友情を深める祝祭を超え、人類の平和と繁栄の基盤になる」と強調した。

       朝鮮半島情勢については、「朝鮮半島は休戦状態であり、南北は軍事的な対決を終えることを宣言し、完全な非核化や恒久的な平和のための旅を始めた」として、「平和への道は決して平たんではないが、韓国はその道を最後まで進む」と力説した。

       一方、同島への海軍基地建設を巡り、長期間にわたって対立してきた地元の江汀村の住民に対し、「住民の苦痛や傷を癒やすことにも最善を尽くす」と呼びかけた。

       07年に建設計画が策定された同基地については、地元住民や市民団体らが建設に強く反発。政府は「済州民軍複合型観光美港」として開発する方針を発表し、10年に工事に着手した。住民らの反対集会などが続いたが、16年に完成した。クルーズターミナルなどもあり、規模は計約49万平方メートルに上る。

      kimchiboxs@yna.co.kr