• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      朝米交渉の接点模索が韓国の役割 南北首脳会談控え文大統領

      2018/09/13 17:02

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、北朝鮮・平壌で18〜20日に開く南北首脳会談の準備委員会の元老諮問団を青瓦台(大統領府)に招き、昼食懇談会を行った。北朝鮮の非核化問題と関連し、「北がもう一歩踏み出すべきは、未来の核だけでなく保有する核物質、核施設、核開発計画を放棄することだ」と述べた。また、非核化を巡る朝米(米朝)交渉の接点を探ることが韓国の役割だと指摘した。

      懇談会であいさつする文大統領=13日、ソウル(聯合ニュース)
      懇談会であいさつする文大統領=13日、ソウル(聯合ニュース)

       文大統領は「北は完全な非核化を約束し、これに向けさまざまな実践的な措置を取った」とし、「核・ミサイル(の開発)、さらなる実験を一切しないと約束し、実際に昨年11月以降は挑発を行っていない」と述べた。

       韓米両国はこれに米軍の戦略兵器を投入した合同軍事演習を中断することで応じ、北朝鮮もまた朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨を返還し、9日の建国記念日の閲兵式(軍事パレード)に中長距離ミサイルを登場させないなど「誠意」を見せたと説明した。

       特に、「北はそれに対する相応の措置を米国に要求している」とし、「北が取った措置は一つ一つが不可逆的なのに軍事演習の中止はいつでも元に戻せる。だから追加の行動を要求するなら米国が相応の措置を取るべきだ」という北朝鮮の思いが朝米交渉の行き詰まりの原因だと指摘した。その上で「接点を見いだし、対話を再び推進させて非核化し、(米国が)相応の措置を取るようにすることが、われわれの役割だ」と強調した。

       一方、南北関係と関連し、「本格的な関係発展は対北制裁が解除されてから、またそれ以前に北の非核化が完成してこそ可能だろうが、その前であってもできる範囲で関係を実質的に発展させられるよう努力する」と述べた。

       また、今の段階で必要なことは南北間の軍事的緊張と衝突の可能性をなくすことだとの認識を示し、今回の首脳会談でこれを話し合うと説明した。

      tnak51@yna.co.kr