• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      現代・起亜自がドイツで好調 上半期販売台数が過去最高

      2018/07/10 10:42

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社・起亜自動車の今年上半期のドイツでの販売台数が過去最高を記録したことが、10日分かった。

      現代・起亜自動車(コラージュ)=(聯合ニュースTV)
      現代・起亜自動車(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

       ドイツ自動車工業会と自動車業界によると、現代・起亜自動車は今年1〜6月、ドイツで前年同期比10.0%増の9万2752台を販売したと集計された。

       両社のドイツ自動車市場でのシェアは5.0%で、現代自動車は5万8982台、起亜自動車は3万3770台を売り上げた。

       これは半期としては過去最高で、ドイツ輸入車市場ではフォルクスワーゲン(VW)傘下のチェコのシュコダ(10万6802台)に続き2番目に多い販売台数だ。

       今年上半期のドイツ全体での自動車販売台数は183万9031台で、前年比2.9%増にとどまった。現代・起亜自動車は、同期間に3倍以上高い増加率を示したことになる。

       特に現代自動車は販売台数が10.9%増加し、今年上半期にドイツで5万台以上を売り上げた主要メーカーの中ではVW傘下のスペインのセアト(16.4%)に次いで2番目に増加率が高かった。

       現代・起亜自動車のドイツでの販売台数は、2007年には年間8万7904台にとどまったが、その後増加を続け、昨年には17万2586台と10年間で約2倍に伸びた。

       今年下半期にも上半期同様の成長傾向が続けば、年間販売台数は18万台を超え、昨年の販売記録を更新する見通しだ。

       現代・起亜自動車はドイツで「ツーソン」「スポーテージ」などのスポーツタイプ多目的車(SUV)を中心に販売を拡大しており、近ごろは「アイオニック」「ニロ」などのエコカーの売り上げが大幅に増加している。

      ynhrm@yna.co.kr