• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      正恩氏側近 訪朝の韓国閣僚に「南北会談、より実用的・迅速に」

      2018/07/05 14:27

      Article View Option

      【平壌(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】南北統一バスケットボール大会の韓国選手団を率いて訪朝している趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は5日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)側近の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長との会談後、記者団に対し、「金副委員長は北側もよりしっかり準備をしなければならず、南側(韓国)もしっかり準備し、(南北)協議が迅速かつ実用的に進められるようにしようと話した」と伝えた。

      平壌の高麗ホテルで握手を交わす趙氏(左)金氏(写真共同取材団)=5日、平壌(聯合ニュース)
      平壌の高麗ホテルで握手を交わす趙氏(左)金氏(写真共同取材団)=5日、平壌(聯合ニュース)

       また、金副委員長は「合意した内容は南側で速い速度で積極的に履行してもらいたい」と述べた上で「重要なのはそのような履行を通じて南北の住民が肌で感じられる具体的な成果を出すこと」と強調。8月にインドネシア・ジャカルタなどで開催されるアジア大会での合同入場行進や独島を含む朝鮮半島が描かれた「統一旗」の使用問題などで南北が歩調を合わせて対応していく考えを示したという。

       一方、金副委員長は訪朝するポンペオ米国務長官と6日に会談する予定で、「米国としっかり協議する」との意向を表明したという。

      会談する趙氏と金氏=(聯合ニュースTV)[https://youtu.be/u9vP5SiD6Zo]

      kimchiboxs@yna.co.kr