• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      トランプ氏 韓米軍事演習中止の意向表明=「近く終戦宣言」発言も

      2018/06/12 19:27

      Article View Option

      【シンガポール聯合ニュース】トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)との会談後、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで会見を行い、戦略兵器の朝鮮半島への展開に伴う費用などについて言及した上で、韓米合同軍事演習を中止する意向を明らかにした。また北朝鮮の体制の安全を保証する一環として、「近い将来、実際に終戦宣言があるだろう」と話した。

      朝米首脳会談後に会見を行うトランプ大統領(資料写真)(AP=聯合ニュース)
      朝米首脳会談後に会見を行うトランプ大統領(資料写真)(AP=聯合ニュース)

       

       会談の核心議題とされた「完全な非核化」については、金委員長が北朝鮮のミサイルエンジン実験場の閉鎖を約束したと説明した上で、「米国と国際社会が多くの人を投じ北朝鮮の非核化を検証するだろう」と述べた。ただ「完全な非核化には非常に長い時間がかかるだろう」との見解を示した。 

       朝米首脳が会談後に署名した合意文書には「2018年4月27日の(南北首脳会談の)板門店宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けた作業を行うことを約束する」とうたったが、米国がこれまで要求してきた「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)という表現は明記されなかった。

       トランプ氏は在韓米軍の規模縮小にも言及。「今回の議論からは抜けているため、今後の交渉を見なければならない」としながらも、経費節減のためにいずれ縮小したいとの意向を示した。

       また金委員長がホワイトハウスへの招待を受諾したことに加え、自身も適切な時期に平壌を訪問する意向があることを明らかにした。

       対北朝鮮制裁については当面、現状が維持されると強調。北朝鮮との国交正常化は可能な限り早期に行うことを望むが、現時点では時期尚早と説明した。

       さらに金委員長と北朝鮮住民の人権問題について議論したことに触れ、金委員長には同問題を解決する意思があると評した。

       トランプ氏は「金正恩氏との会談は率直で、生産的だった」とし、「金正恩氏は安全保障と繁栄のための歴史的な人物として記録されるだろう」と話した。

      yugiri@yna.co.kr