• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      きょう南北閣僚級会談 板門店宣言の履行を協議

      2018/06/01 05:30

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は1日、軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で閣僚級会談を開催し、4月末の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」の履行策を話し合う。

      3月29日、板門店で行われた閣僚級会談で握手を交わす韓国の趙明均長官(左)と北朝鮮の李善権委員長(写真共同取材団)=(聯合ニュース)
      3月29日、板門店で行われた閣僚級会談で握手を交わす韓国の趙明均長官(左)と北朝鮮の李善権委員長(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

       韓国側は首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、金正烈(キム・ジョンリョル)国土交通部第2次官、盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光部第2次官、金南中(キム・ナムジュン)統一部統一政策室長、アン・ムンヒョン国務総理室審議官の5人からなる代表団を構成した。また柳光守(リュ・グァンス)山林庁次長が「交代代表」として、山林協力を議論する際にアン氏の代わりに会談に出席する。

       北朝鮮代表団は対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長を団長とし、金潤革(キム・ユンヒョク)鉄道省次官、元吉宇(ウォン・ギルウ)体育省次官、パク・ヨンイル祖国平和統一委員会副委員長、パク・ミョンチョル民族経済協力委員会副委員長の5人。

       閣僚級会談では板門店宣言での合意内容の履行に向けた当局者会談の日程が協議される見通しだ。朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会に向けた赤十字会談、8月に開催されるアジア大会への共同参加に向けたスポーツ当局会談、当初5月中に開催するとしていた将官級軍事会談などがこれに当たる。

       また2000年の6・15南北共同宣言から18周年を記念して行われる共同行事や南北共同連絡事務所の設置などに関する協議も行われるものとみられる。

       韓国側からは国土交通部第2次官が、北朝鮮側からは鉄道省次官と民族経済協力委員会副委員長が代表団に加わっていることから、板門店宣言に盛り込まれた鉄道連結など、南北の経済協力について議論が進む可能性もある。

       だが、経済協力に向けた本格的な議論は、北朝鮮と米国の非核化協議が進展し、対北朝鮮制裁が緩和されなければ不可能な状況にある。

       また今回の会談で北朝鮮が、韓米合同軍事演習の中止と2016年に中国内の北朝鮮レストランから脱出して韓国に亡命した女性従業員12人の送還を求めるかにも注目が集まる。

       南北は今月16日に閣僚級会談を開くことで合意していたが、北朝鮮が当日になって、韓米空軍の定例の航空戦闘訓練「マックスサンダー」を理由に会談の無期延期を通告し、中止となった。だが、26日に開かれた2回目の南北首脳会談で6月1日の開催に合意した。

      yugiri@yna.co.kr