• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      金正恩氏が中国外相と会談 北メディア「幅広く意見交換」

      2018/05/04 08:27

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が3日に中国から訪問中の王毅国務委員兼外相に会い、話を交わしたと報じた。

      握手を交わす金正恩国務委員長(左)と中国の王毅国務委員兼外相。朝鮮中央通信が両者の会談を伝えた=4日、(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
      握手を交わす金正恩国務委員長(左)と中国の王毅国務委員兼外相。朝鮮中央通信が両者の会談を伝えた=4日、(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

       中央通信は「朝中(中朝)間の団結と伝統的な親善、協調関係を全面的に継承し、深め、発展させていくことと、朝鮮半島情勢の流れの発展方向と展望をはじめとする互いの関心事に対し、幅広い意見交換があった」と伝えた。金委員長は重要な問題について中朝の見解を再確認し意見を交わしたことに大きな満足感を示したという。ただ、同通信は対話の具体的な内容を伝えていない。

       中国外務省によると、王氏は金委員長に「中国は南北首脳会談の成功と画期的な『板門店宣言』に対し支持とお祝いの意を伝える」と述べ、朝鮮戦争の終戦と休戦体制から平和体制への転換に対しても中国の支持を伝えた。これに金委員長は「朝鮮半島の非核化の実現は北朝鮮のゆるぎない立場だ」としながら、「われわれは対話の回復を通じ互いの信頼を積み重ね、朝鮮半島平和の根本的な脅威の清算を討論することを願う」と述べたという。

      mgk1202@yna.co.kr