• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      韓米首脳会談早まる可能性 米朝会談の早期開催で=韓国大統領府

      2018/04/30 09:06

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高官は30日、来月中旬に予定されている韓米首脳会談について、米朝首脳会談の時期に合わせ、前倒しされる可能性があると明らかにした。

      トランプ大統領(左)と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(コラージュ)=(聯合ニュース)
      トランプ大統領(左)と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(コラージュ)=(聯合ニュース)

       同高官は「北米(米朝)首脳会談の日程が早くまとまるのではないか」として、「北米会談の日程を見てから韓米首脳会談の時期を決める」とした。

       トランプ米大統領は28日(現地時間)、米朝首脳会談について、「3〜4週以内にあると思う」とし、会談が5月中に開催されることを明らかにした。

       一方、北朝鮮が韓国と米国の専門家やメディアを招いて公開するとした核実験場の廃棄を巡り、国際原子力機関(IAEA)など国際機関の関係者も招かれる可能性に関して、「発表されたのは韓米の専門家やメディアとなっているが、(南北首脳会談で)国際関連専門家という用語も出たと承知している」とした上で、国際機関の関係者にも公開される可能性に言及した。ただ、「国際機関の関係者になるか、発表通りに韓米専門家に公開されるかは我々が言える段階ではない」と述べた。

       南北首脳会談で署名された板門店宣言に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今秋に平壌を訪問するとの内容が盛り込まれたことについては、「9〜11月が秋」とし、9〜11月ごろに訪朝するとの見通しを示した。

       南北首脳会談について、今週中に文大統領は中国の習近平国家主席と電話会談を行う予定で、中国に特使を派遣し、会談の結果を説明する可能性もあるとした。

      kimchiboxs@yna.co.kr